神戸市は31日、市から介護予防事業を受託しているNPO法人が、利用者の名前や住所など個人情報が記入された10人分の書類を紛失したと発表した。

 市によると、NPO法人の職員は11日、長田区内の事業利用者から提出を受けた書類を、地域包括支援センターに持参。シャッターが閉まっていたため、封筒に入れ地面との隙間から建物内に投げ入れたという。書類はその後、見つかっていない。(初鹿野俊)