2016年に過労自殺した三菱電機コミュニケーション・ネットワーク製作所(兵庫県尼崎市)の40代男性社員の遺族と同社が1月、再発防止策や損害賠償などに関する合意書に調印したことが13日分かった。同社では14〜17年、5人が過労自殺などで労災認定されており、男性はそのうちの1人。残業時間は多い時で月100時間近くに及び、男性は「仕事がつらい」などと記した遺書を残していた。

 担当弁護士らが同日、記者会見で明らかにした。

 弁護士によると、男性は15年秋の配置転換に伴い、時間外労働時間が急増。16年2月に亡くなる直前の1カ月は時間外労働時間が約91時間に及び、多い時で100時間近い月もあった。大規模プロジェクトの管理業務を担っていたといい、17年に労災認定された。

 遺書には「仕事がつらい。できない。能力がない。もう行きたくない。ごめんなさい。私はだめな人間です」などと記されていた。会社宛ての遺書にも「仕事こなす能力がありません。気力もありません」「がみがみと言われる毎日に区切りをつけたい」などと書かれていたという。受診歴はないが、うつ病を発症していたとみられている。

 合意の主な内容は、謝罪や損害賠償に加え、遺書にあった「がみがみと言われる」についての追加調査と報告書の提供▽男性が亡くなった後に会社が実施した長時間労働是正の取り組みに関する報告−など。

 遺族は「長時間労働の問題の当事者として企業側の意識改革が必要と思います。どれだけ謝罪されても(彼は)帰ってきません。大切な人を亡くし、当たり前の日常を奪われ、いまだに暗い闇の中にいます」などとコメントした。

 三菱電機は「お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。当社は1月10日に公表した再発防止策に全力で取り組んでおります」としている。(末永陽子)