女子小中学生2人に自身のわいせつな写真や動画を撮影させ、ツイッターのダイレクトメッセージで送信させたとして、兵庫県警三田署は13日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、北海道函館市に住む定時制高校4年の少年(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は2020年6月、静岡県に住む小学6年の女児に「自撮り(の顔)写真を送ってくれたらプリペイドカードをあげる」と誘って送らせた上で「ネット上にアップされたら人生終わりだね」などと脅し、裸の写真1枚を送らせた疑い。また同年12月には、岩手県に住む女子中学生に似たような手口で、わいせつな動画4点と画像8点を送らせた疑い。少年はいずれの容疑も認めている。

 三田署によると、女子小中学生2人はともにツイッターで知り合った当日に画像を送っており、その後のやり取りはなかった。同署が20年12月、県内の女子高校生に対する同様の事件で少年を逮捕し、スマートフォンを調べると複数のわいせつ画像が見つかり、事件が発覚した。