キャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、兵庫県警神戸北署は6日、窃盗未遂の疑いで、西宮市の会社員の男(21)を逮捕した。パトカーで警戒中の署員が同じ軽四ワゴンが複数回通行したことを不審に思い、男に職務質問し、逮捕につながった。

 逮捕容疑は5日午後0時ごろ、何者かと共謀し、神戸市北区の女性(83)に対し「口座から不正な出金がある。キャッシュカードを処分する必要がある」などとうその電話をかけ、女性宅を訪れてキャッシュカードを盗もうとした疑い。同署の調べに対し、容疑を認めている。

 同署によると、同市北区内で詐欺グループからとみられる不審な電話が相次ぎ、署員が警戒していた。同署は男が特殊詐欺の「受け子」役だったとみて調べている。