アルプス席のリーダーからグラウンドへ。12日午後の全国高校野球選手権大会2回戦で、北海(南北海道)との初戦に臨む兵庫県代表の神戸国際大付。背番号15の寒川豪内野手(3年)は、今春の選抜大会でスタンドの応援団長を務めていた。度重なるけがを乗り越え、高校最後の夏にメンバー入り。「諦めずに努力してきて良かった」。メガホンをバットに持ち替え、甲子園の土を踏む。

 宝塚市立宝塚第一中時代は硬式クラブ「兵庫伊丹ヤング」で活躍し、強豪の神戸国際大付に進んだが、けがに苦しんだ。高校1年の夏に右肘を痛め、手術とリハビリで半年以上、ボールを握れなかった。2年生の夏にはノック中に右手首を打撲。「骨挫傷」と診断されて再び約2カ月間離脱。メンバー入りはかなわず、応援団長を打診された。

 チームは今春の選抜大会に出場。「入学して初めての甲子園。うれしかったけど悔しかった」。思いを内に秘めてスタンドで声を張り上げ、控え部員たちを引っ張った。春の県大会でも応援団を束ねたが、グラウンドに立てない悔しさは消えなかった。

 「俺がやったる」。春の県大会後は同級生を誘い、全体練習終了後に必ずティー打撃を1箱分こなした。夏の大会前にBチームの練習試合で打率6割と結果を残し、メンバー入りをつかんだ。高校入学後、初めてもらった背番号を両親に見せた瞬間、涙があふれた。

 試合では主に三塁ランナーコーチを務め、青木尚龍監督は「いい声を出してくれる」と高評価。チームを盛り上げるとともに、兵庫大会では代打で2打席に立ってヒット1本を放った。

 「メンバーに入れなかった選手の気持ちは誰よりも分かる。その思いを背負ってグラウンドに立ちたい」。三塁側アルプススタンドに陣取る控え部員たちの声を背に受け、夏の夢舞台で同校の初勝利に貢献するつもりだ。(山本哲志)