陸とはバチバチやっていました。お互いプロとして対戦できる時を楽しみにしています

 高校サッカー部を舞台に練習と試合を繰り返し、プロ選手を目指す『実況パワフルサッカー』。その世界観そのままのサクセスストーリーを歩む、高橋壱晟選手(ジェフユナイテッド千葉)をフィーチャーしお届けする特別インタビューの後編です。

―自信を持てるようになったキッカケは?
 高校2年の時の夏のインターハイは一回戦で負けたんですが、ダブルボランチを組んでいた僕と住永(翔/現・明治大)は監督に「負けたのはふたりの責任だ」と言われたんです。凄いショックでしたが、その通りでした。その時ですね、「そろそろ自分を変えないとマズイ」と感じたんです。

―具体的にはどのように自分を変えたんですか?
 ゴールを取れる選手になろうと考えました。ゴールに向かうことだけを意識しました。そうしたら段々、大胆なプレーができるようになりました。自然とゴールも取れるようになったんです。高校2年の夏以降から秋頃にかけて、最も成長できたと思います。

―Jリーグのスカウトもたくさん来ていたのではないでしょうか?
 はい。たまにスカウトの人が来てくれることがあって、気にはなりましたね。でも、それでプレーを乱さないように気を付けていました。

―千葉のスカウトの稲垣雄也さんは熱心に誘ってくれたらしいですね。
 毎週青森に来てくれて、熱心に誘ってくれました。朝練にもいて、ビックリしました。まだ暗い中で、稲垣さんっぽい人がいるなと思ったら、「お、壱晟」と声をかけられて。熱意を感じました。

『パワサカ』にもスカウトが登場します。練習や試合の内容が評価され、その結果次第で行けるプロリーグのカテゴリーが変わるあたりは、現実のサッカーそのまま。即、海外オファーなんてことも!

―周囲にアドバイスを求めたりもした?
 はい。自分のプレーに関して助言をしてもらいました。それと、監督に言われたことはすべて実践してやろうと考えていました。高2の夏以降は毎日のように怒られましたが、その悔しさを力に変えました。

―高橋選手は怒られて伸びるタイプ?
 どうなんでしょう。でも監督は高校3年の選手権のあとには「最後はしっかりやってくれたなと褒めてくれました。監督も僕の引っ込み思案なところを変えてくれようとしていたのだと感じました。

『パワサカ』でも監督へのアピールやコミュニケーションが重要。監督の評価が低いと試合に先発で出してもらえず、結果、高ランク選手の育成が難しくなるので、練習からしっかりアピールしよう。

―憧れの選手はいますか?
 いないですね。

―では、自らの理想像は?
 すべてを完璧にこなす選手です。目指すのは究極のプレーヤーですね。

―ポジションへのこだわりは?
 サイドは苦手ですし、できるなら守備もやりたくないです(笑)。中盤の前目のポジションが一番合っているはずです。中盤でパスを捌きながらゴール前に入っていくのが持ち味ですね。ただ、小学校の4、5年まではFWもやっていました。当時は周りより足が速く、ドリブルからのシュートが得意でした。6年の時に中盤に移ったんです。

『パワサカ』はデッキ編成(練習パートナー選び)が楽しい。ドリブルやシュートなどの特殊能力(コツ)をパートナーから伝授してもらい、理想の選手を育成しましょう。『シュート!』コラボキャラの特殊能力を狙いたい!

―青森山田高では10番を背負い、千葉に入団した際には「(将来的に)10番を付けられるなら付けたい」と語っていました。背番号へのこだわりは?
 10番は好きです。これは誰にも言っていませんが、高校3年の時には背番号をもらう前から「俺が10番だ」と自信を持っていました。実は高校2年に進級する前の冬に一度、10番を付けさせてもらったんです。新人戦も10番で出場しました。でも、神谷(優太)さんが入部して(高橋のひとつ上の神谷は高校2年の時に東京Vユースから青森山田高に編入した)10番を取られてしまったんです。だからこそ3年の時は誰にも渡したくありませんでした。

―ほかにライバルと感じていた選手は?
 ポジションが違うのでライバルと言って良いか分かりませんが、(廣末)陸(現・FC東京)とはシュート練習の時にバチバチやっていました。自分が外すと陸は挑発してくるんですよ(笑)。でも、あんなに凄いGKを相手に練習できたから、上手くなれました。お互いプロとして対戦できる時を楽しみにしています。

『シュート!』コラボを絶賛実施中の『パワサカ』。主人公(パワサカくん)であるあなたと田仲俊彦がお互いを高めあいながら成長するライバルシナリオが楽しい。PR田仲が期間限定(8月23日迄)でもらえる今がチャンスです!

―今の時期には夏合宿などを行なったと思いますが、印象的な練習はありましたか?
 学校の近くに雲谷(もや)という山があって、その山で行なう“モヤラン”というトレーニングは辛かったです。10キロくらいの山道を登って、その後、冬にはスキー場となる坂を10本から20本くらいダッシュするんです。そしてまた10キロの道のりを戻る。夏場には必ず一回やるメニューで、僕は一度、脱水症状みたいになって倒れました。Cチームの人たちなどは1か月に3、4回やることがあって、地獄の練習でしたね。みんな叫びながら走っていましたよ。

―それだけキツイ練習をするなか、独自のリフレッシュ方法はありましたか?
 練習がオフの日は一刻も早く休みたくて、学校が終わったらすぐに家に帰っていましたね。みんなと練習するのがとにかく楽しかったので、改めて気分転換をする必要はありませんでした。

『パワサカ』では練習をし過ぎると疲労が溜まって怪我をしたり、やる気がダウンしてしまいます。そんなときは「遊ぶ」コマンドを選択。うまくモチベーションを維持して高ランク選手を目指そう。

―では、学校生活での一番の思い出は?
 練習がオフの日は一刻も早く休みたくて、学校が終わったらすぐに家に帰っていましたね。みんなと練習するのがとにかく楽しかったので、改めて気分転換をする必要はありませんでした。うーん、やっぱりみんなと取り留めもなく喋っている時が最も面白かったですね。

―修学旅行は?
 試合で行けなかったんですよね。仙台の松島などを回る予定だったんですが・・・。ほかにも行き先は、東京・関西コースや、沖縄コースもありましたが、スポーツをやっている人は練習を長く休むわけにはいかないので基本、東北コースを選びました。でも、そのコースさえも参加できなくて・・・。ほかの学校行事では、スキー実習もありました。それこそ、雲谷をスキーで滑るんですよ。「ここは夏、走ってるよ!」と思いながら(笑)

―高校のクラスメイトは? 試合の応援に来てくれましたか?
 それはなかったですね。みんなスポーツをやっていて忙しかったですからね。クラスメイトにはバドミントンの日本代表もいました。学校で見かけないと思ったら、スペインに遠征に行っていたりとか(笑)。野球では巨人に入団した堀岡(隼人)、ソフトバンクに入った三森(大貴)も同級生でした。みんな負けず嫌いで、良い刺激をもらいました。

―今後の目標は?
 東京五輪に出られるようにやっていきたいです。

―ちなみに携帯ゲームなどはやらないですか?
 あまりやらないですね。寮で先輩の乾(貴哉)くんがウイニングイレブンを持っているので、たまにやるくらいです。ただ、僕はめちゃくちゃ下手なので、カモにされています(笑)

『実況パワフルサッカー』×『シュート』
『パワプロ』と『ウイイレ』、2つのスポーツゲームがタッグを組み贈る、サッカー選手育成ゲーム。『ウイイレ』をベースにしたサッカーアクションで描く試合と笑いあり、涙ありの選手育成をスマホで手軽に楽しめる。

さらに7月31日からは、ゲームならではの限定シナリオが!原作コミックでは悲運の死を迎える、伝説のキャプテン・久保嘉晴が「もしも生きていたら?」というストーリーが展開されます。久保復活のカギを握るのは、『パワサカ』ファンならおなじみのダイジョーブ博士。ファン感涙の夢のシナリオは、ぜひアプリでチェック!

『実況パワフルサッカー』公式サイト
App Storeからダウンロード
Google Playからダウンロード

メーカー|KONAMI
配信日|配信中(2016年12月7日より)
ジャンル|サッカー・育成
対応OS|Android(5.0以降)、iOS(8.0以降)
価格| 基本プレイ無料(アイテム課金制)
著作権表記|(c) 大島司 (c)Konami Digital Entertainment
お問合せ先|KONAMIお客様相談室 TEL:0570-086-573 ※平日:10:00〜18:00(土日祝日休み)