高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ中国の第16節が11月25日に行われた。
 首位の広島皆実(広島)と2位のサンフレッチェ広島ユースセカンド(広島)の“首位攻防戦”は3-1でサンフレッチェ広島ユースセカンドが勝利し首位浮上を果たした。3位の立正大淞南(島根)は88分の田中晃司の決勝ゴールにより作陽(岡山)に1-0で勝利した。岡山学芸館(岡山)は川西真斗の2発によって玉野光南(岡山)に2-1で勝利した。その他、広島観音(広島)と瀬戸内(広島)が勝利し勝ち点3を手にしている。

▽第14節
作陽 0-1 立正大淞南
玉野光南 1-2 岡山学芸館
ファジアーノ岡山U-18 3-1 広島観音
サンフレッチェ広島ユースセカンド 3-1 広島皆実
境 0-3 瀬戸内