高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ中国の第17節が12月2日に行われた。
 首位のサンフレッチェ広島ユースセカンド(広島)は岡山学芸館(岡山)に0-1で敗戦。2位の立正大淞南(島根)もファジアーノ岡山U-18(岡山)に1-2で敗れた。その一方で、3位の広島皆実(広島)は4位の作陽(岡山)に4-2で勝利。5位の瀬戸内(広島)は2-0で玉野光南(岡山)を退けている。
 第17節までを終え、首位から4位までの勝ち点差は「2」。プリンスリーグ中国のプレミア参入戦出場枠は「2」となっており、プレミアリーグ所属のセカンドチームは参入戦には出場できないため、サンフレッチェ広島ユースセカンドが2位以内となった場合は、3位のチームがプレミア参入戦へ進出する。

▽第17節
岡山学芸館 1-0 サンフレッチェ広島ユースセカンド
玉野光南 0-2 瀬戸内
広島皆実 4-2 作陽
広島観音 2-1 境
立正大淞南 1-2 ファジアーノ岡山U-18