高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ中国の第18節が12月9日に行われ、全日程が終了した。
 第17節までを終え、首位から4位までの勝ち点差「2」のプリンスリーグ中国。首位のサンフレッチェ広島ユースセカンド(広島)は5位の作陽(岡山)と対戦したが0-1で敗れた。2位の広島皆実(広島)は7位の岡山学芸館(岡山)と対戦し1-1のドロー。3位の立正大淞南(島根)と同じく優勝を目指す4位の瀬戸内(広島)の一戦は3-2で瀬戸内が勝利した。
 最終節の結果により、広島皆実と瀬戸内が勝ち点34で並んだものの、得失点差により広島皆実が優勝。2位が瀬戸内となった。なお、両チームはプレミアリーグ参入戦進出を決めている。

▽第18節
瀬戸内 3-2 立正大淞南
サンフレッチェ広島ユースセカンド 0-1 作陽
岡山学芸館 1-1 広島皆実
広島観音 1-2 玉野光南
境 0-6 ファジアーノ岡山U-18