高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグ2019 EAST第8節が6月30日に行われた。
 ここまで7戦5勝2分で首位の青森山田(青森)は7位の鹿島アントラーズユース(茨城)と戦い浦和加入内定のMF武田英寿の2発などにより4-0で勝利した。勝ち点2差で2位の柏レイソルU-18(千葉)は5位の浦和レッドダイヤモンズユースをMF田村蒼生の決勝弾により2-1で下した。3位の清水エスパルスユース(静岡)は9位のジュビロ磐田U-18(静岡)との静岡ダービーに臨んだが、試合終了間際にゴールを奪われ2-2で引き分けた。
 船橋市法典公園(グラスポ) 球技場では令和元年度全国高校サッカーインターハイ(総体)出場を逃した千葉の両雄、6位の市立船橋(千葉)と8位の流通経済大柏(千葉)が激突。68分にMF大西悠介のゴールで先制した流通経済大柏が80分にもMF藤井海和が追加点を奪い2-0で勝利した。最下位の尚志(福島)はホームに4位の大宮アルディージャU18(埼玉)を迎え、4-2で勝利し勝ち点3を手にした。