冬の選手権をかけた第98回全国高校サッカー選手権埼玉予選の決勝トーナメントの2回戦5試合が10月19日に与野八王子グラウンドなどで行われ、今年度、令和元年度関東高校サッカー埼玉予選を制した武南や東京成徳大深谷、大宮南、埼玉栄、花咲徳栄が勝ち進んだ。

 選手権全国制覇1度、埼玉県勢最多タイの選手権出場回数を誇る古豪・武南はFW大谷涼太らのゴールにより2-0で川口北を下し初戦突破。東京成徳大深谷は浦和北を4-1で撃破。総体予選8強の埼玉栄はMF鈴木湧大のゴールで勝ち越し川口市立に延長戦の末に3-1で勝利。同16強の花咲徳栄は1-0で南稜に勝った。大宮南は慶應志木に2-1で勝利し2回戦を突破した。2回戦の残り試合は20日に行われる。