7月15日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ東海の第9節全5試合が時之栖A、柳川瀬公園サッカー場などで行われた。
 無敗で首位の名古屋グランパスU18(愛知)は3位のJFAアカデミー福島U18(静岡)と対戦し、宮島裕のゴールで先制するとその後も加点し3-0で勝利し首位ターン。2位のジュビロ磐田 U-18(静岡)は4位の静岡学園(静岡)と激突したが0-3で敗れた。また、5位の浜松開誠館(静岡)はホームで7位の帝京可児(岐阜)と対戦し古田裕士朗の決勝ゴールにより1-0で勝利した。さらに、6位の清水桜が丘(静岡)は8位の中京大中京(愛知)を3-1で、9位の藤枝東(静岡)は最下位の藤枝明誠(静岡)を平尾拳士郎らのゴールにより9-0で退けた。

 なお、プリンスリーグ東海は一時中断となり次節は8月26日に行われる。