大阪勢6チームなどが戦う高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関西が7月16日に第10節までの全日程を終えた。
 第10節までを終え、首位は勝ち点24の大阪桐蔭(大阪)。2位は勝ち点2差で全国総体に出場する東海大仰星(大阪)がつけている。続く3位にはリーグ最多得点を誇る勝ち点21の近大附(大阪)となっている。また、全国総体出場を決めている京都橘(京都)が首位と勝ち点6差の4位に位置している。第10節終了時の順位は以下の通り。

順位表 順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 敗数 引分数 得点 失点 得失点差 1 大阪桐蔭 24 10 8 2 0 28 14 14 2 東海大仰星 22 10 7 2 1 21 13 8 3 近大附 21 10 6 1 3 29 13 16 4 京都橘 18 10 6 4 0 27 17 10 5 履正社 17 10 5 3 2 16 8 8 6 金光大阪 12 10 3 4 3 19 19 0 7 野洲 10 10 3 6 1 20 32 -12 8 草津東 9 10 3 7 0 20 32 -12 9 関大一 8 10 2 6 2 8 15 -7 10 奈良育英 2 10 0 8 2 8 33 -25