全国9地域の代表32チームが出場する、第41回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会のグループリーグ第3節が7月26日に行われ、E組所属のプレミアリーグWEST首位のヴィッセル神戸U-18(兵庫)がグループリーグ敗退となった。
 E組はプレミアリーグEAST7位の浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)とK1リーグ(神奈川県リーグ1部)3位の湘南ベルマーレユース(神奈川)が決勝トーナメント進出を決めている。

■順位表
1位:浦和レッドダイヤモンズユース(7)+2
2位:湘南ベルマーレユース(6)+3
3位:ヴィッセル神戸U-18(4)+3
4位:塩釜FCユース(0)-8