7月30日、高校生の真夏の祭典、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)2回戦で優勝候補の青森山田(青森)と東福岡(福岡)がみやぎ生協めぐみ野サッカー場 Bグラウンドでで激突し2-0で勝った青森山田が3回戦へと駒を進めた。
 優勝候補同士、そして高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグ勢同士の対決となった、プレミアリーグEASTで戦う青森山田(青森)とプレミアリーグWESTで戦う東福岡(福岡)の一戦。先制したのは青森山田。27分にMF田中凌汰のゴールで先制点を奪取し前半を1点のリードで折り返す。追加点が欲しい青森山田は44分に1点を追加。2点のビハインドとなった東福岡は62分にMF青木真生都が決め1点を返すも試合終了間際にMF郷家友太にゴールを許し万事休す。3-1で勝った12年ぶりの夏の高校日本一を目指す青森山田が3回戦へと駒を進めた。