7月30日、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)2回戦で、浦和西(埼玉2位)と京都橘(京都)が激突し、プリンスリーグ関西所属の京都橘が5-0で勝利し全国総体初の16強入りを決めた。
 京都橘は前半14分にMF土井翔太が先制ゴールを決めると、直後の15分にもMF土井が決めリードを2点に広げ前半を折り返す。後半に入っても攻撃の手を緩めない京都橘はFW輪木豪太、FW関野竜平らが次々とゴールネットを揺らし、5-0で30年ぶりの全国総体出場となった浦和西を下し3回戦に駒を進めた。続く3回戦ではプリンスリーグ北信越勢の富山第一(富山)と対戦する。