7月30日、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)2回戦が行われ、前々回大会で‘‘カンイチ旋風‘‘を巻き起こした関東一がU-18日本代表MF高橋大悟擁する神村学園と対戦した。
 先制点を奪ったのは21分の神村学園。MF田畑拓武のクロスにMF高橋が合わせ欲しかった先制点を奪取。追いかける展開となった関東一は40分にFW篠原友哉がPKを決め同点に追いつくと51分にはFW重田快が2戦連発となるゴールで逆転に成功。その後も、MF佐藤誠也、そしてFW重田のこの日2得点目となるゴールにより加点した関東一が4-2で勝利し16強入りを決めた。
 なお、3回戦に駒を進めた関東一は明日31日に広島観音(広島)と対戦する。