7月31日、高校生の真夏の祭典、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)3回戦第1試合がひとめぼれスタジアム宮城など行われた。
 東福岡(福岡)との優勝候補同士の対決を制し3回戦へと駒を進めた青森山田(青森)が前橋育英(群馬)と激突。昨年度の選手権決勝(レポート)の再現となった一戦は3-1で前橋育英に軍配が上がった。前回大会準優勝の流通経済大柏(千葉1位)はJ2湘南内定の注目ストライカー・新井光を擁する市立長野(長野)と対戦しDF関川郁万のハットトリックの活躍などにより5-0で快勝し8強入りを決めた。また、無失点のまま3回戦に駒を進めた京都橘(京都)は富山第一(富山)と激突しMF土井翔太の決勝弾により2-1で勝利。さらに、FW安藤擁する長崎総科大附(長崎)は尚志(福島)と対戦しFW安藤の決勝ゴールにより1-0で勝っている。

▽第1試合
流通経済大柏(千葉)5-0 市立長野(長野)
尚志(福島)0-1 長崎総科大附(長崎)
富山第一(富山)1-2 京都橘(京都)
前橋育英(群馬)3-1 青森山田(青森)