7月31日、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)3回戦で市立船橋(千葉2位)は阪南大高(大阪2位)とのプレミアリーグ勢対決を2-1で制し3年連続となる準々決勝進出を決めた。
 連覇と10度目の夏の高校日本一を目指す市立船橋は9分にMF有田朱里のゴールで先制すると41分にもFW福元友哉が決め追加点を奪取。2点のリードとなった市立船橋は46分にDF吉田伸弘にゴールを許すも2-1で勝利し8強入りを決めた。8月2日に行われる準々決勝では前回大会2回戦、前々回大会準決勝(レポート)で対戦し勝利している関東一(東京1位)と激突する。