8月2日、平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)準々決勝が行われ、前回大会王者の市立船橋(千葉2位)と2年ぶりに8強入りを果たした関東一(東京1位)が激突した。
 均衡が破れたのは39分、FW福元友哉のゴールで市立船橋が先制。さらに直後の40分にもFW福元が決めリードを2点差にする。対する関東一は44分にMF佐藤誠也のゴールで1点を返すも、反撃は1点止まりとなり、1-2で敗戦。関東一は前回大会2回戦、前々回大会準決勝(レポート)に続き今年度も市立船橋の前に涙を飲んだ。