7月29日に宮城県内で開幕した平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)。8月2日は準々決勝4試合がひとめぼれスタジアム宮城などで行われ、市立船橋(千葉2位)、関東一(東京1位)、前橋育英(群馬)、流通経済大柏(千葉1位)、長崎総科大附(長崎)、旭川実(北海道2位)、日大藤沢(神奈川2位)、 京都橘(京都)が4強入りをかけて激突した。
 準々決勝第1試合では、前回大会準優勝の流通経済大柏はFW安藤瑞季を擁する長崎総科大附と対戦し2-1で勝利した。優勝候補筆頭の青森山田を下し準々決勝進出を果たした前橋育英は初の準々決勝進出を果たした京都橘と4強入りをかけて激突しPK戦の末に勝利し次戦に駒を進めた。また第2試合では前回大会王者の市立船橋と2年ぶりに8強入りを果たした関東一が激突し2-1で市立船橋が勝った。さらに、19年ぶりに8強入りを果たした日大藤沢と初の8強入りを果たした旭川実の一戦はMF梶山かえでの決勝弾により2-1で日大藤沢が勝利し初の4強入りを決めた。
 続く準決勝では流通経済大柏と前橋育英、市立船橋と日大藤沢が決勝進出をかけて激突する。