高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグが9月3日に第11節2日目を行った。
 首位の青森山田(青森)と最下位の市立船橋(千葉)の一戦は1-1で迎えた74分に福元友哉のヘディングシュートにより市立船橋が2-1で逆転勝ちを収めた。FC東京U-18(東京)は2-1で浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)を退け勝ち点を積み上げた。また、清水エスパルスユース(静岡)は滝裕太の2ゴールにより京都サンガF.C. U-18(京都)を2-0で退けた。
 第11節までを終え首位は勝ち点24の清水エスパルスユース、2位は勝ち点22の青森山田がつけている。

▽第11節2日目
市立船橋 2-1 青森山田
FC東京U-18 2-1 浦和レッドダイヤモンズユース
京都サンガF.C.U-18 0-2 清水エスパルスユース