9月16日、高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグEAST第13節1日目が行われた。
 首位の 清水エスパルスユース(静岡)はMF新関成弥のハットトリックにより横浜F・マリノスユース(神奈川)に3-0で勝利し首位をキープした。また、首位との勝ち点差2で2位の青森山田(青森)は54分のMF田中凌汰の決勝弾により1-0で柏レイソルU-18(千葉)を退けた。京都サンガF.C. 東城陽グラウンドで行われた京都サンガF.C.U-18(京都)と鹿島アントラーズユース(茨城)の一戦は0-0で引き分け勝ち点を分け合った。なお、第13節の残り試合は17日と18日に行われる予定となっている。

▽第13節1日目
柏レイソルU-18 0-1 青森山田
清水エスパルスユース 3-0 横浜F・マリノスユース
京都サンガF.C.U-18 0-0 鹿島アントラーズユース