9月24日、高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグEAST第14節2日目が行われた。
 勝てば首位浮上となる青森山田(青森)は京都サンガF.C. U-18(京都)と対戦し0-0で引き分け、首位の清水エスパルスユース(静岡)と勝ち点差1となった。大宮アルディージャユース(埼玉)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)の埼玉ダービーは大宮アルディージャユースがDF吉永昇偉の2ゴールで2-1で勝利した。また、FC東京U-18(東京)はFW小林幹の決勝ゴールにより柏レイソルU-18(千葉)に2-1で勝利し勝ち点を積み上げた。さらに、横浜F・マリノスユース(神奈川)は鹿島アントラーズユース(茨城)を3-1で退けた。

▽第14節2日目
青森山田 0-0 京都サンガF.C. U-18
鹿島アントラーズユース 1-3 横浜F・マリノスユース
大宮アルディージャユース 2-1 浦和レッドダイヤモンズユース
柏レイソルU-18 1-2 FC東京U-18