青森山田イレブン

2回戦最大の注目カードは青森山田に軍配!

 全国総体における序盤戦の山場で、2回戦最大の注目カード。昨年度の選手権王者とU-18プレミアリーグチャンピオンシップ王者の青森山田(青森)と一昨年の全国総体と選手権を制した東福岡(福岡)。東西の横綱が早くも雌雄を決することとなり、会場となったみやぎ生協めぐみ野サッカー場 Bグラウンドのスタンドは超満員。立ち見が出る程となり、関心の高さを伺わせた。

 試合は序盤から期待通りのハイレベルな攻防が繰り広げられる。青森山田はU-18日本代表・郷家友太を中心にサイドと中央を巧みに使い分けながら攻め立て、対する東福岡もU-20日本代表候補の阿部海大を軸に跳ね返すと伝統のワイド攻撃から勝機を伺う。どちらかがミスをすれば致命傷を負いかねない―−
そんな緊張感が漂うなか、時計の針は進んでいった。

 その中で先に試合を動かしたのは青森山田。前半27分のことだ。主将の小山内慎一郎が右サイドにフィードを送ると、浦川流樺が頭でGKと最終ラインの間に絶妙なボールを落とす。このギャップに猛然と走り込んで来たのは田中凌汰。GK松田亮が飛び出すも一瞬躊躇した隙を見逃さず、先にボールを触ると右足でネットを揺らしてみせた。

 これで均衡を破った青森山田が試合の流れを一気に掴む。最終ラインから最前線までの距離をコンパクトに保ちつつ、強度の高いプレスを敢行。中盤でことごとくセカンドボールを拾い、相手に付け入る隙を与えない。一方の東福岡も何とか反撃を試みるが、フィニッシュまで持ち込めず。前半はシュートすら放てず、青森山田の術中にハマる展開となった。

 そして、迎えた後半。この試合の運命を分けるポイントが訪れる。同2分に石原利玖の仕掛けから守田怜司がラストパスを受け取ると、GKとの1対1の局面を迎えたのだ。しかし、右足から放った渾身の一撃はポストに阻まれ、絶好機をフイにしてしまう。

 チャンスを逃せば、直後にチャンスが来るのがサッカーだ。まさに絵に描いたような展開が訪れたのは9分。ピンチを凌いだ青森山田は右サイドを駆け上がった田中がゴール前にクロス。これを浦川が豪快に右足で蹴り込み追加点を奪った。これで一気に試合の主導権を握ると、62分に東福岡に1点を返されたが、試合終了間際に郷家友太が熱戦に終止符を打つ3点目を奪って勝負あり。明日の3回戦では昨年の選手権決勝で覇権を争った前橋育英を迎える。「前橋育英も万全の準備をしてくると思う」と黒田剛監督は警戒を強めるが、ライバルを倒した青森山田はどこよりも勢いに乗った状態で再度大一番に挑む。

 

(文・写真 松尾祐希)