高橋仰のV弾でSC相模原ユースが木更津総合に逆転勝ち!

 大会3連覇を狙うSC相模原ユースと木更津総合のカード。優勝するにはどちらも勝ち点3をとりたい両チームの一戦は、試合立ち上がりから球際での激しさで意地と意地のぶつかり合いを見せる。最初のチャンスをものにしたのは木更津総合。15分に右SB57番高橋達也からのロングボールで抜け出したFW54番本吉洸輝が中途半端なポジションをとっていたGKより先に触り、無人のゴールへと流し込んであっさりと先制する。

 先制を許したSC相模原ユースだったが、21分に左からの低いクロスに右WGの10番熊切航平が体を投げ出し押し込み同点とする。同点に追いつかれた木更津総合は先制弾のファイター54番本吉洸輝とFW63番白鳥翔希が豊富な運動量で裏に飛び出しゴールに迫る。

 SC相模原ユースはCBコンビを組む33番清川航と高さのある36番高橋仰が粘り強く対応し中盤22番青木諒志にボールを集め右SBの43番木村海大のドリブル突破で相手陣地に侵入し攻め立てる。スコアが動いたのは後半15分のセットプレー。左サイドからのFKをSC相模原ユースの43番木村海大が右足で放ると頭ひとつ飛んだ36番高橋仰が叩き込み逆転に成功。その後も両チームチャンスを迎えるがものにできず終了のホイッスル。納得のいく内容といかなくても地力で勝ち点3を奪ったSC相模原ユースが決勝リーグで2勝目をあげた。

 

(文・写真 佐々木竜太)