初の決勝進出を果たした日大藤沢

日大藤沢、劇的な形で勝利を掴み、初の決勝戦進出

 下馬評は市立船橋有利というのが大方の予想だった。その見方通り、試合は序盤からパワーと技術で連覇を狙う千葉の名門校が攻勢を仕掛けた。CBの橋本柊哉を軸に堅い守りを構築し、攻めては1年生右SB・畠大雅の攻撃参加から相手陣内へと侵入。クロスさえ合えば、ゴールが生まれてもおかしくない展開となった。

 ただ、日大藤沢からすれば思惑通りの展開。
「杉山君のところと左CBの橋本君がキーマンなので右からやらせようと思っていた。そういう意味ではゲームになれることが出来たし、右も左もとなると中央からの攻めもあるので手がつけられなくなる。僕らとしては良いイメージでやれた前半だったと思う」(佐藤輝勝監督)。
ボールの取りどころを限定し、守備の在り方をはっきりさせて試合を進めていく。さらに前からボールを取りにいくのではなく、敢えて中途半端な位置にポジションニング。「あの曖昧な展開で相手の間でやってはいけない」と朝岡隆蔵監督が悔やんだように、市立船橋の選手たちは要所で正確な判断を下せない状況を作られた。その結果、日大藤沢は相手に攻めさせながらも、試合の主導権を握ることに成功。選手たちは指揮官が思い描いた通りにゲームを運んでいった。

 そして、迎えた後半。前半同様のゲームプランで戦うも、23分にセットプレーのこぼれ球から郡司篤也に決められてしまう。これで日大藤沢は勝負を仕掛けるしかなくなり、切り札の三田野彗とギブソン・マーロンをピッチに送り込んで何とかゴールをこじ開けに掛かった。しかし、相手の堅守を前に良い形を作れず、時間だけが経過していく。

 時計の針も刻々と進み、気が付けばアディショナルタイム。誰もが敗戦を覚悟したなかで迎えたラストプレーだった。GK・竹内暢希がハーフライン手前からFKをゴール前に蹴り込むと途中出場・菊地大智の前にボールがこぼれる。これを迷わず振り抜くとネットに突き刺さり、日大藤沢は土壇場で試合を振り出しに戻した。この勢いのままPK戦に挑むと、相手が1人外したのを尻目に日大藤沢は5人全員が成功。劇的な形で勝利を掴み、初の決勝戦進出を決めた。

 

(文・写真 松尾祐希)