今村涼一がV弾!FC東京U-18が日体大柏を下し8強入り

 第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017は大会3日目を迎え、決勝トーナメント1回戦でFC東京U-18と日体大柏が激突した。

 立ち上がりからお互いハイプレッシャーで激しい球際を展開。ゲームが動いたのは14分、FC東京U-18。オフサイドポジションの選手がボールに関与せず、裏から飛び出してきた7番杉山伶央がボールを浚うと対応に困惑した日体大柏ディフェンス陣の隙を突き落ち着いて決めて先制。しかし15分、日体大柏が14番松田一紗のゴールですぐに追いつき試合を振り出しに戻す。その後、前半終了間際に日体大柏PKを獲得するも、FC東京ゴールキーパー16番高瀬和楠がセーブ。前半はこのまま1-1で終了する。

 後半5分、FC東京U-18はドリブル突破から最後は22番今村涼一が落ち着いて決め勝ち越しに成功。終盤、日体大柏が怒涛の攻撃を仕掛けるもゴールを奪うには至らず。このまま2-1で試合は終了しFC東京U-18が勝利を収め準々決勝に駒を進めた。

 

(文・写真 甲斐雅人)