FC東京U-18が清水エスパルスユースとのプレミア勢対決を制す

 8月9日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝トーナメント準々決勝では、プレミアリーグEAST勢同士のFC東京U-18と清水エスパルスユースが激突した。

 立ち上がり、清水エスパルスユースはハイプレスからマイボールの時間を増やしリズムを掴む。一方、FC東京U-18はディフェンスラインでボールを動かすも、なかなか前線で起点を作れない。しかし、カウンターから前半10分、FC東京U-18は右クロスから中央13番吉田和拓が頭で合わせて先制ゴールを決める。

 前半はこのまま1-0で終了するも、後半立ち上がりからFC東京U-18が攻勢に出る。後半3分、FC東京U-18はフリーキックをキーパーが弾ききれず上に浮いたボールを、4番長谷川光基が頭で押し込み追加点をゲット。さらに、直後の同7分には左コーナーの処理ミスを再び4番長谷川光基が蹴り込み、FC東京U-18がリードを3点に広げる。一方、3点のビハインドとなった清水エスパルスユースは後半12分に右クロスを中央で25番齊藤聖七がヘディングで合わせて、1点を返すも万事休す。試合はその後スコアは動かず、FC東京U-18がプレミア勢対決を制し、明日の準決勝に駒を進めた。

 

(文・写真 甲斐雅人)