ジュビロ磐田U-18、浦和レッズユースを退け4強へ

 8月9日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝トーナメント準々決勝で、プレミアリーグEAST所属の浦和レッドダイヤモンズユースとプリンスリーグ東海で戦うジュビロ磐田U-18が激突した。

 前半は開始早々に浦和レッドダイヤモンズユースがチャンスを作る。11番関根束真、16番二見健太を使ったサイド攻撃でシュートまで持ち込むシーンが多く、浦和レッドダイヤモンズユースが幸先よいスタートを切る。ジュビロ磐田U-18は後方からのビルドアップをうまく使い左サイド7番金原颯を使ってチャンスを作る。互いに持ち味を出しゲームが進むがスコアレスで前半を終えた。

 後半開始早々、ジュビロ磐田U-18が立て続けて猛攻を仕掛ける。2分、右サイドFKからこぼれ球をフィニッシュするが惜しくも浦和レッドダイヤモンズユースのブロックに阻まれる。すると、直後のコーナーキックを15番速水修平が頭で合わせ均衡を破る。

 先制点を奪い、勢いに乗ったジュビロ磐田U-18は積極的に攻撃を仕掛けていき、サイドからのパスをペナルティエリア前にいた7番金原颯がトラップしミドルシュート。これが見事に決まり追加点を奪取。一方、浦和レッドダイヤモンズユースは2失点後、落ち着いてボールを持ち始めチャンスを伺う。後半12分、DFからの縦パスに10番シマブクカズヨシが抜け出し更にDFの裏へパス、これを抜け出した16番二見健太がシュート、GKに阻まれるもこのこぼれ球を10番シマブクカズヨシが見逃さず落ち着いてゴールに流し込み1点を返す。

 その後は均衡し、どちらも早い展開でチャンスを作るも点には繋がらず。1点リードするジュビロ磐田U-18も大きくサイドを使いポゼッションをして、落ち着いてプレーをする。そして、試合終了。危なげなく勝利を収めたジュビロ磐田U-18が明日、プレミアリーグEAST所属で昨年度2冠の青森山田と準決勝で激突する。 

(文・写真 甲斐雅人)