流通経済大柏がライバルの市立船橋を下し3年ぶりの優勝!

 フクダ電子アリーナで行われた第96回全国高校サッカー選手権千葉県予選の決勝トーナメント決勝で千葉の両雄、流通経済大柏と市立船橋が激突した。

 流通経済大柏はGK薄井覇斗、DFラインは右から19番齋藤優輝、6番瀬戸山俊、5番関川郁万、12番佐藤蓮、ボランチは4番宮本優太、23番丹沢翔吾、右サイドが10番菊池泰智、左サイドは7番鬼京大翔、ツートップには16番加藤蓮、20番安城和哉を配置し、4-4-2のフォーメーションで臨んだ。

 市立船橋はGKに長谷川凌、DFラインは右から5番余合壮太、4番岸本駿遡、16番岡井駿典、MFは13番畑大雅、12番金井満生、15番町田雄亮、2番杉山弾斗、3トップは右から9番有田朱里、10番福元友哉、14番松尾勇佑を配置し、3-4-3の布陣で臨んだ。

 大勢の観客の前で、両者とも気持ちを前面に押し出していく。そんな中、先にチャンスを作ったのは市立船橋。前半6分、DFラインで駆け引きしていた10番菊池がボールを受けるとDFの間をすり抜け、シュートを放つ。しかし、これはゴールの左に逸れる。前半12分、流通経済大柏は7番鬼京が鋭いターンからDFの間を突破すると左サイドからクロスを上げる。一度はGK長谷川が反応しはじき出すも、ここに詰めていた10番菊池がきっちりとゴールに押し込む。これで1-0とリードする。早い時間帯で追いつきたい市立船橋は、5番余合、4番岸本、16番岡井の3バックと15番町田、12番金井の二人が後ろでボールを動かしながら押し上げ、左サイドの杉山がスピードを活かした突破や、10番福山のポストプレー、9番有田の前からのプレッシングや小回りの利いたドリブルでゴールに迫る。一方、リードする流通経済大柏は対人の強さで相手を凌駕する5番関川、それを阿吽の呼吸でカバーする瀬戸山のコンビがDFラインを安定させれば、中盤では4番宮本と23番丹沢が丹念なプレッシングとプレスバックで攻守を助け、前線は左サイドで存在感を放つ7番鬼京、危険な位置で常にゴールを脅かす10番菊池等がゴールを狙う。同25分、市立船橋15番町田のパスに反応した9番有田がボールを流したターンから、3人のDFの間を縫いシュートを放つ。しかし、これは惜しくもゴールを外れてしまう。前半の内に追いつきたい市立船橋であったが、このまま前半が終了する。

 ボールを保持することが出来るものの、DFラインからより高い位置にクサビが入ると、プレッシャーを強めてくる流通経済大柏に、市立船橋は攻めあぐねてしまう。更に守りから攻撃へと表裏一体の攻撃を繰り出す流通経済大柏に、市立船橋は攻めてる間も一瞬も気を抜く事が出来ない。この構図を市立船橋が変えるべく、後半に臨んだ市立船橋だったが、幸先良くスタートをきったのは皮肉にも流通経済大柏だった。後半3分、16番加藤が左サイドでDFをすり抜け、強烈なシュートを放つ。しかし、これは枠を外れる。更に後半11分、虎視眈々とゴールを狙う流通経済大柏10番菊池が、絶好の位置でのインターセプトからドリブル、そしてミドルシュートを放つ。しかし、惜しくもゴールの外。ボールは持つがゴールまで行けない市立船橋に対してボールを持たずしてゴールに迫る流通経済大柏。同34分、市立船橋はゴール前の混戦から、ボールがエース10番福元の前にボールがこぼれる。相手DFと蹴りあう形でシュートを放つも、これはゴール僅か左。後半38分、対する流通経済大柏8番金澤哲流がスピードを活かしたドリブルで左サイドを突破。上げたクロスに10番菊池がゴール前でシュートを放つも、GK長谷川が鋭い反応を見せはじき出す。しかし、ここに詰めていた14番熊澤和希がシュートを放つとこれがポストを直撃。しかし、はね返ったボールが長谷川の背中に当たり、ゴール。欲しかった追加点をここで獲得する。

 2点のビハインドとなった市立船橋だったが、ここから意地を見せる。後半39分、20番郡司篤也のロングスローを4番岸本が頭で逸らし、5番余合が魂を込めて押し込み1点差に迫る。ロスタイム4分の表示に、身体を投げ出してゴールに迫る市立船橋だったが、ここで試合終了のホイッスル。激闘を制した流通経済大柏が3年ぶりに悲願の全国大会進出を決めた。

( 文・石津大輝 )