2-0で日本航空が白星

 高円宮杯U-18プリンスリーグ2017関東参入戦。山梨の日本航空と茨城の水戸ホーリーホックユースがぶつかった。

 試合開始から中盤をとばした前線と最終ラインでの攻防が続く中、19分に日本航空が先制する。9番の左MF中尾大我が左サイドからドリブルで2,3人とかわして相手陣内へと進入し、丁寧な横パスを6番誠也に繋ぐ。PA外から思い切って振り抜いたシュートがネットに突き刺さりゴール。徐々に日本航空の出足が水戸を上回りはじめ、主導権をつかむ。25分、水戸のCKからのチャンスを防ぎ、そのままカウンター。3人4人と走力を生かして人数をかけて攻め入る。9番中尾大我のボールキープからFW20番江井晋之助に繋ぐと江井晋之助が冷静に流し込み追加点を上げ水戸を引き離す。前半は日本航空の2点リードで折り返す。

 後半、早く追いつきたい水戸だが、最終ラインのビルドアップが安定せず、日本航空につかまるシーンが増える。長いボールを大まかに前線に送ると11番FW岡安優が個人技で何とかボールを納めるが、サポートが遅くチャンスを広げることができない。それでもMF10番蕎麥田龍也がボールの絡むとサイドに展開、そこからのサイド攻撃を仕掛けるが、あと一歩のところでゴールを奪えず試合終了のホイッスル。2-0で日本航空が白星を挙げた。

( 文・写真 佐々木竜太)