桐生第一、劇的勝利!プリンス関東参入決定

 高円宮杯U-18プリンスリーグ2017関東参入戦が行われ、桐生第一(群馬)と東海大相模(神奈川)が激突した。

 来年度のプリンスリーグ関東参入がかかった一戦は劇的な試合展開となった。立ち上がりにゲームは動く。3分に深い陣地まで進入した左MF9番田中宏武がゴール前へグランダーのクロスを送る。MF15番田中渉がワントラップからコースを突いたコントロールショットがネットを揺らし、幸先良く先制に成功。

 桐生第一が主導権を握るかと思われたが、7分に東海大相模が攻勢に出る。サイド攻撃からMF15番瀬名波新平のクロスを、FW17番中島優太がフリーでなんなく合わせて同点としスコアは1-1。

 その後は速攻の桐生第一と後方からのビルドアップで攻撃を展開する東海大相模の構図で一進一退の攻防が続く。すると21分に東海大相模が先制点と同じコンビで相手ゴールに迫る。PA内でボールを受けた7番中島優太がGKをかわし、戻ってきたDFに囲まれながらも15番瀬名波新平に繋ぐと、ボールを受けた15番瀬名波新平が無人のゴールに流し込み逆転。ここから主導権を握った東海大相模が相手SBの裏を長いボールで突き、サイドからのクロスボールで相手ゴールへと迫る。終了間際の44分に7番中島優太が今試合2得点目をあげ、2点リードで後半へと折り返す。

 攻めるしかない桐生第一は後半から8番佐藤大地にかえて17番松下駿也を投入する。53分に桐生第一、17番松下駿也の右サイドから上げたボールは一度はDFに弾かれるも逆サイドの9番田中宏武が拾う。

 PA外からの強烈なシュートはDFに当たりコースが変わりそのままゴールに吸い込まれて1点差に詰め寄る。押せ押せムードで勢いにのった桐生第一が4分後の57分にも17番松下駿也のピンポイントクロスをFW19番小澤謙登が頭で合わせて同点とする。

 桐生第一は左サイド9番田中宏武のドリブルからチャンスを演出しじりじりとゴールの匂いを伺わせていく。東海大相模は前半に見せたパワーが後半なかなか出せず、苦しい時間帯が続く。それでもキャプテンCB3番の水越陽也を中心にこれ以上得点を許さない。

 緊張感漂うゲームの終止符を打ったのは桐生第一の2年生FW19番小澤謙登。82分、桐生第一が相手のビルドアップをハイプレスで高い位置でボールを奪うと15番田中渉のラストパスを19番小澤謙登が合わせネットを揺らしたこのゴールが決勝点となり、壮絶な打ち合いとなった今ゲームは4‐3で桐生第一が勝利を掴み来年度の関東プリンスリーグ参入の切符を手に入れた。

( 文・写真 佐々木竜太)