新潟の桜も盛りを過ぎ、葉桜が目立つようになってきました。桜が過ぎれば、間もなく「県の花」として親しまれているチューリップの時季がやってきます。  

 新潟県内でも有数のチューリップ鑑賞スポットとして毎年多くの観光客が訪れる五泉市「一本杉チューリップ畑」のチューリップも、もう間もなく見頃を迎えます。広大な畑に約150万本のチューリップが咲きそろう姿は、まるで花のじゅうたん。一枚の絵画のような壮大な景色を楽しめます。

 また、同地区では2017年4月15日(土)〜2017年4月30日(日)の期間中、「五泉市チューリップまつり」を開催。チューリップの花摘み体験やプランター販売のほか、五泉市の特産品であるサトイモの即売会、サトイモ汁の販売会なども予定されており、こちらも毎年多くの人が訪れます。(イベント内容は変更の可能性あり)  

 新潟県では、「一本杉チューリップ畑」のほか、新潟市の「いくとぴあ食花」、「新潟ふるさと村」、「信濃川やすらぎ堤緑地」、長岡市の「国営越後丘陵公園」、新発田市の「紫雲寺記念公園」など、県内の至るところにチューリップ鑑賞スポットが点在しています。 見頃は4月中旬〜5月中旬。色とりどり、さまざまな表情のチューリップをぜひ見に来てください。