今年第2四半期の世界スマートフォン出荷量が減少した中でサムスン電子が市場シェア1位を維持したとCNBC放送が18日(現地時間)報道したと、韓国メディア「聯合ニュース」が報じた。(写真:昨年3月にアンパックイベントで公開されたGalaxyAシリーズ=聯合ニュース)
原文記事:https://www.yna.co.kr/view/AKR20220719069300009

同日、市場調査会社のカナリスが発表した暫定集計値によると、サムスン電子は第2四半期に前年同期より3%ポイント上昇した21%のシェア(出荷量基準)でスマートフォン市場1位を占めた。

これに先立ち、第1四半期にもサムスン電子は前年同期より2%ポイント上昇した24%のシェアでトップについた。

アップルは第2四半期に3%上がった17%のシェアで2位の座を守った。

中国メーカーであるシャオミ・OPPO・VIVOが後に続いたが、これら3社のシェアは前年同期対比下落傾向を示した。

シャオミのシェアは14%で3%下落し、OPPOとVIVOもそれぞれ10%と9%で1%ポイントずつシェアが下がったとCNBCは伝えた。

カナリスは経済状況悪化と地政学的不確実性などで第2四半期世界スマートフォン出荷量が9%減少したが、サムスン電子は中低価格型Aシリーズの好調に支えられシェアを高めたと説明した。

また、アップルはiPhone13の需要が続き、懸念とは違って強い姿を見せたとカナリスは分析した。

アップルのルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は今年4月のカンファレンスコールでCOVID-19・半導体不足などのサプライチェーン支障で第2四半期売上額が最大80億ドル(約10兆5千億ウォン、約1兆1047億円)程度打撃を受けると予測した経緯がある。

著者:コリアエレクトロニクス編集部