サムスンSDIが2022年第2四半期の売上4兆7408億ウォン(約4864億円)、営業利益4290億ウォン(約440億円)を記録したと29日公示した。前年同期比売上と営業利益がそれぞれ42.2%、45.3%増加した。売上、営業利益ともに過去最高の業績だ。韓国メディア「韓国経済」が報じた。(写真:インターバッテリー2021でのサムスンSDIブース=聯合ニュース)
原文記事:https://magazine.hankyung.com/business/article/202207294459b

サムスンSDIの四半期の営業利益が4000億ウォン(約410億円)を超えたのは今回が初めてだ。上半期基準で過去最高の業績だ。

部門別に見ると、エネルギー部門の売上は4兆716億ウォン(約4177億円)で、前年同期比50.1%、前四半期比22.7%増加した。営業利益は2449億ウォン(約251億円)で、前年同期比45.2%、前期比48.4%増加した。営業利益率は6%を記録した。

前四半期と比べて中大型電池は売上が増加し、収益性も改善された。自動車電池は堅調な需要成長の中で、ジェン5(Gen.5)など高付加価値製品の販売が拡大した。

ステランティスとの合弁法人契約を締結し、全固体電池パイロットライン工事を計画通り進めるなど、中長期成長を着実に準備してきたという説明だ。エネルギー貯蔵装置(ESS)電池は電力用販売拡大で売上が増加し、原材料が上昇分を販売価格に反映して収益性も改善された。

小型電池の場合、円形電池を中心に売上が増加し、収益性も向上した。円形電池は電気自動車及び高出力電動工具の香りを中心に売上が成長した。パウチ形電池はIT製品の需要鈍化と下半期の新製品待機需要の影響を受け、売上が減少した。

電子材料部門の売上は6692億ウォン(約687億円)で前年同期比7.5%増加したが、前期比8.4%減少した。営業利益は1841億ウォン(約189億円)で、前年同期比45.5%、前期比17.0%増加した。

電子材料部門は前四半期と比べて高付加価値製品の拡大で収益性を向上させた。有機発光ダイオード(OLED)素材は、新規プラットフォーム向けの供給が始まり、売上を拡大した。半導体素材は前四半期水準の売上を維持した。偏光フィルムはライバル会社と差別化される製品を中心に販売を拡大し、収益性を維持した。

サムスンSDIは今年下半期、中大型電池は高付加価値製品を中心に販売成長を続けるものと判断した。自動車電池はハンガリー第2工場が稼動し、Gen.5バッテリーの販売が本格化し、次世代プラットフォームの受注活動も持続する方針だ。ESS電池は原油高の状況とエコ政策の拡大で、新再生エネルギー需要の増加の影響を受け、電力用ESS新製品の発売で販売が拡大するものと予想した。

小型電池はモビリティ用を中心に販売成長を続ける計画だ。円形電池は電気自動車、電気自転車などモビリティ用の販売が拡大するものと予想した。新規電気自動車プロジェクト対応のための46パイ(直径46mm)ラインも構築している。

サムスンSDIは、下半期の電子材料はOLEDと半導体素材を中心に販売拡大を期待した。OLED素材は主要顧客向けに販売を拡大し、次期プラットフォームへの参入も推進している。また、半導体素材は新製品の適期発売を通じて販売を拡大する計画であり、偏光フィルムは顧客多角化を通じて前方需要減少に対応する方針だ。

サムスンSDIのチェ・ユンホ社長は「市場需要と供給の不確実性とリスク要因の拡大など難しい経営環境の中でも過去最大の業績をおさめた」とし「3大経営方針をスピード感を持って実行し、次世代プラットフォーム、全固体電池など未来成長基盤を確実に構築し収益性優位の質的成長基調を継続していく」と述べた。

著者:コリアエレクトロニクス編集部