サムスン電子とアップルがスマートフォンだけでなく無線イヤホン市場でも激しい競争を繰り広げている中、サムスン電子のGalaxy Buds2ProがAirPods Pro第2世代より良いという意見が提起され、市場の注目を集めている。韓国メディア「コンシューマタイムス」が報じた。(写真:Galaxy Buds2Pro=聯合ニュース)
原文記事:https://www.cstimes.com/news/articleView.html?idxno=519244

米国CNNの製品評価専門メディア「CNNアンダースコアド」は13日、アップルのAirPods Pro第2世代とサムスン電子Galaxy Buds2Pro共に価格対比優れた性能のイヤホンだが、全般的な勝者はGalaxy Buds2Proであることが分かったと明らかにした。

CNNアンダースコアド(CNN underscored)は製品比較記事で、Galaxy Buds2Proがより快適なデザインと広い音域提供、高解像度オーディオなどを保有したとし、このように評価した。

このメディアは「AirPods Proは象徴的な外観を備えているが、Buds2ProはIPX7等級の防水性能があり、運動する時に効果的に使用でき、4の色は選択の幅を広げる」と評した。IPX7等級は最大1m深さの水に最大30分間露出に耐える防水性能をいう。

メディアはAirPods Pro第2世代がGalaxy Buds2Proより騒音を遮断する機能(アクティブノイズキャンセリング・ANC)では良いと見た。Buds2Proを着用して歩いた時、耳に入ってくる風の音がさらに大きく、遮断されなければならない音がより大きく聞こえた」と評価した。

また、バッテリー使用時間などでもAirPods Pro2が少し良い水準だったとメディアは分析した。

著者:コリアエレクトロニクス編集部