バズった中朝男女が結婚報告する動画

 北朝鮮人は外国人と結婚できないと思っていた中国朝鮮族たちは、中朝の男女が合法的に結婚したと報告する動画に驚愕した。

 昨年夏、東京五輪が行われている頃の話だ。動画は、いわゆるバズり動画となった。

 実は、北朝鮮人が中国人と結婚できることに驚いたのは朝鮮族だけではなかった。

 ビジネス欲旺盛な漢民族起業家たちもなぜか興奮していた。この手の漢民族たちの間では、北朝鮮人と中国人との結婚紹介ビジネスができると別の意味でバズっていたからだ。

 閉鎖的な北朝鮮は、中国では神秘性が1つの価値となっている。

 その影響か北朝鮮人女性に対する評価も高い。いや、正確には、うわさやインターネット情報による期待に近いのかもしれない。

 中国人男性の結婚相手として北朝鮮人女性を紹介できれば、しばらくは、ライバル不在の完全なブルーオーシャン市場であり、特にマッチングの相手が富裕層であれば、その利益も大きいはずだ。

 というビジネス情報が飛び交った。

1994年に結婚紹介業が禁止されている中国

 しかし、日本人が知らない事実として、結婚紹介業は中国で1994年に法律で禁止されているのだ。

 禁止された理由は、ぼったくりが横行したためとされる。

 1994年の禁止対象は、中国企業限定だったため、その後、中国への進出が増えた外資企業は禁止の網から漏れていた。

 2000年代になると、中国へ進出した日本企業が増え、日本企業が日本人男性に中国人女性を紹介する結婚紹介サービスを提供する会社が多く誕生した。

 法律的にはグレーだったが、お見合いツアー、今風に表現すると婚活ツアーが盛んに行われていたのだ。

 しかし、中国ではあらゆる栄華は長続きしない。

 2011年頃にこれまでグレーだった外資系企業にも結婚紹介業禁止規制が強化されることに。これにより多くの日本企業が廃業や撤退を余儀なくされた。

 実は、これにはまだ続きがある。

 規制対象は、中国にある外資企業だったので、現在でも日本や韓国など中国国外にある外資企業が中国企業とコラボしてお見合いツアーを実施する分には問題ないとされる。

 要するに、現在でも以前ほどの規模ではないが、中国人とのお見合いツアーは実施されているのだ。

結婚相手として選ばなくなった日本人

 また、中国で日本人相手の結婚紹介が減ったのは、経済的な理由もある。

 中国政府が発表するあらゆる統計の信ぴょう性は横に置いておき、中国の国内総生産(GDP)が日本のGDPを追い抜いた2010年頃から相対的に日本の経済的な魅力は低下し続けている。

 現在、中国人女性が盛んに婚活をしているのは、オーストラリア人やニュージランド人、カナダ人などオセアニア、北米、欧州などとなっている。

 これは中国人に人気の移住国とほぼ相関性がある。

 結婚相手として選ばれなくなった日本は、近い将来、中国企業に請われて日本企業が中国人男性のために北朝鮮人女性との結婚紹介サポートをする。そんな時代が到来するのかもしれない。  

 コリアワールドタイムズでは該当動画をシェアしている。