東京オリンピックのソフトボール予選、21日に引き続き岡山県総社市出身の原田のどか選手が1番ライトで出場しました。

 22日の相手はメキシコ。1回裏、原田選手の第1打席。センターフライに倒れます。

 5回。日本は2対1と勝ち越しに成功し、なおもランナー3塁で原田選手。セーフティーバントを試みますが打球が体にあたり3アウト。追加点をあげることはできません。

 このあと延長戦となった試合は、8回、9番・渥美選手が当てるバッティングで3塁ランナーがホームイン。

 サヨナラで2連勝です。