25日、長崎県内の感染段階のステージが2に引き下げられ、長崎市の観光名所は多くの家族連れなどでにぎわいました。

長崎市の観光名所、眼鏡橋です。

新型コロナウイルスの感染者の減少をうけ25日、長崎県内の感染段階ステージが引き下げられ、さっそく多くの観光客や家族連れでにぎわっていました。

成人式の前撮り(長崎市内在住)「写真店で写真を撮ってもらって写真ができるまで出ていいと言われたので、眼鏡橋と一緒に写真を撮ろうと」

北海道からの観光客「小学生の時に教科書で眼鏡橋の事を習った記憶があって来てみた。本物が見られてよかった」

24日までで佐世保市に出されていた長崎県独自の緊急事態宣言も解除され飲食店への営業時間短縮要請も終了しています。

ただ、9月21日までの1週間の感染者のうち、長崎県外や飲食の場での感染者が4割を占めていて、長崎県は飲食についてはいつも一緒にいる人としてほしいと呼びかけています。