今年6月、奄美市で当時87歳の女性を刃物のような物で刺し殺害した疑いで、11日、逮捕された21歳の男が12日午前、鹿児島地方検察庁に送検されました。

殺人などの疑いで送検されたのは奄美市名瀬小俣町の無職、渡部円治容疑者(21)です。

警察によりますと渡部容疑者は、今年6月12日午後6時頃から16日午後8時半頃までの間に奄美市名瀬小俣町の無職、瀧田得枝さん(当時87)の家に侵入し、瀧田さんの腹などを刃物のような物で刺し、殺害した疑いがもたれています。

警察の調べに対し渡部容疑者は、「やっていない、家に行ったこともない」瀧田さんについても「まったく知らない」と容疑を否認しているということです。

渡部容疑者は今年1月に奄美市のコンビニエンスストアに押し入り、女性店員を刃物のような物で脅して現金を要求した強盗未遂事件で逮捕・起訴されていました。