鹿児島県奄美市の海岸で海開きが行われ、子どもたちの健康を願う伝統行事も行われました。

奄美市笠利町の用安海岸では毎年、旧暦の3月3日にあわせて海開きが行われます。

14日は観光関係者ら約20人が参加し、島唄を奉納するなどして海の安全を祈願しました。

神事の後にある子どもたちの初泳ぎは、2020年に続いて新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、初節句を迎えた女の子の足を海水につけ、無病息災を願う伝統行事もあり、参加者は我が子の成長を願っていました。