「令和元年」の文字が刻印された新しい硬貨の製造が11日から始まり、打初め式が行われました。

大阪市の造幣局で行われた打初め式には、麻生太郎・財務大臣も出席しました。

製造が始まったのは「令和」が刻印された100円硬貨と500円硬貨です。

【記者リポート】
「きょう製造されたのがこちらの硬貨です。デザインはこれまでと変わりませんが、『令和元年』と刻まれています」

また天皇陛下の即位を記念した硬貨の製造も枚数限定で始まり、1万円金貨セットは約14万円で販売されます。

「令和元年」の100円・500円硬貨は、早ければ7月中にも日本銀行に納入され金融機関を通じて市場に出回る予定で、その他の硬貨についても順次、製造が始まるということです。