医師など4人が新型コロナウイルスに感染し診療を休止していた兵庫県小野市の病院が26日から一部診療を再開しました。

【記者リポート】
「入り口では職員が一人一人に声をかけ、熱がある人は別の入り口に案内する対応をとっています」

小野市の北播磨総合医療センターでは医師など4人が新型コロナウイルスに感染し、3月12日以降、診療を休止していました。

その間、職員がばい菌扱いされたり、タクシーに乗車拒否されたりするなど、誹謗中傷の被害にあっていました。

病院は職員や入院患者に新たな感染者がいないことなどから、予約の外来診療や緊急の入院などに限り、受け入れを再開しました。

【利用者は…】
「ありがたいです。手術して切ったので、診てもらえないと困るので」
「かけがえのないところです、近くに大きな病院ないので」

4月13日からは通常通り初診の患者の受け入れを再開する予定です。