女性の遺体を遺棄した罪に問われた京都府向日市の職員の裁判で、京都地方裁判所は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

向日市の職員余根田渉被告(30)は去年6月、アパートで小林美雪さん(当時43)の遺体をシートにくるみ、大型の冷凍庫に隠すなどした罪に問われています。

これまでの裁判で余根田被告は起訴内容を認める一方で、生活保護のケースワーカーとして担当していた橋本貴彦被告(56)に精神的に支配され、犯行を強要されたと主張していました。

26日の判決で、京都地方裁判所は「長期間にわたって理不尽な要求を受け続け、恐怖心などから従わざるを得ない心境にあったことは相応にくむべき事情」として余根田被告に懲役1年6ヵ月執行猶予3年を言い渡しました。