京都市や大津市などで覚せい剤を販売したとされる、薬物密売組織の男らが逮捕・起訴されました。

覚せい剤取締法違反の罪で逮捕・起訴されたのは、京都市山科区の無職・冨田成樹被告(54)と山下隼樹被告(37)です。

警察によると、2人はおととし10月から今年4月にかけて、大津市や京都市の路上で、覚せい剤と注射器をセットで密売していたとされます。

2人が出入りしていたマンションの押入れからは、末端価格で1800万円相当の覚せい剤約280グラムや、注射器約2800本が押収されていて、2人は容疑を認めていたということです。

警察は、2人から覚醒剤を買ったとして、30代から60代の男女13人も逮捕しています。