15日夜、神戸市東灘区の阪急岡本駅の踏切で、特急電車と車が衝突しました。阪急神戸線の一部区間は運転を見合わせています。

15日午後9時20分過ぎ、阪急岡本駅で「乗用車と列車が接触した」と消防に通報がありました。警察と消防によると、事故は岡本駅の東側の踏切で起き、乗用車は下りの特急電車と衝突したということです。

この事故で乗用車の運転手の男性(53)が足にケガをし、乗客の女性2人も首の痛みなどを訴え病院に搬送されました。

運転手の男性は、「サイドブレーキをかけ、荷物を取ろうと後ろを向いていて、気付いた時には、線路内に入っていた」
などと話しているということです。

この事故の影響で阪急神戸線は、夙川〜新開地駅間で運転を見合わせています。