大阪府では23日、新たに100人の新型コロナウイルスへの感染を確認しました。

大阪府で新たに感染が確認されたのは、未就学児〜90代までの男女・計100人です。
また、5人が死亡しました。

重症病床の使用率は45.2%と、7日連続で60%未満となり、府独自の警戒基準「大阪モデル」が非常事態を示す“赤信号”から、黄信号に引き下げるための条件を満たしました。

これについて、大阪府の吉村知事は、緊急事態宣言の解除後に「大阪モデル」を引き下げる考えを改めて示しました。

【大阪府・吉村洋文知事】
「今回の(感染の)波が一旦落ち着いた段階で、大阪モデルのあり方・指標の在り方については、よく分析して考えたい」

大阪府は、26日にも対策本部会議を開き、宣言が解除された際の時短要請などについて議論する予定です。