大阪南港ATCホールで開催中の『ティラノサウルス展 〜T.rex 驚異の肉食恐竜〜』。日本初公開の標本を含む、ティラノサウルスの全身復元骨格が5体集結するこの夏注目のイベントで、音声ガイドのナレーションをflumpoolのヴォーカル、山村隆太が務めます。

自身も大の恐竜好きで、中でもティラノサウルスが一番好きだという山村に、今回の音声ガイドのナレーションを担当した感想をたずねると、「いやぁ〜、もうてんやわんや(笑)」と照れ笑い見せ、「難しかったけど、僕としては自分の地元で、自分の声を使って大好きな恐竜を伝えられるというのはすごく光栄なことでしたので、気持ちを込めて全力で務めました」と、生まれ故郷で音声ガイドのナレーションを披露できることへの嬉しさを表現。

子供の頃の恐竜に関する思い出について、「恐竜のいた大昔の時代背景は理解していなかったと思うのですが、こんなカッコいい動物が世の中にいるんだなと思ったりして、小さい頃から好きでした」と当時を振り返り、「こういう恐竜がいたらなぁと思って絵を描いたりしていました。ブラキオサウルスのような恐竜に模様を付けたり羽を付けたりして、想像の中で絵を描いていましたね」と、幼少時代のアーティスティックな一面を垣間見せつつ思い出を語ってくれました。



本展では、ティラノサウルスをはじめとした恐竜の生態や能力などの最新研究が紹介されており、さらに詳しい解説が聞ける音声ガイドの内容の中で興味深いところを聞くと、「小さいころに自分が絵に描いていたような模様や毛や羽毛などの色や模様などを、電子顕微鏡を使って新たに研究されているとは、僕知らなかったんですね。ティラノサウルスについても実は足が遅かった説など、いまだに新しい発見があって、これまで常識とされていたものが覆ったり…まだまだ未知な部分がたくさんあり、これから解明されていくだろうというワクワク感が大人になってもありますね」と、驚異の肉食恐竜の今後の解明についての期待感を見せました。

また、flumpoolの数ある楽曲の中で、『ティラノサウルス展』に一番合いそうな曲として「フリーズ」を選んだ山村にその理由をたずねると、「人間は未来を想像したりしますが、遠い昔を想像して、そこに何があったんだろうということを想像することが普段の日常生活ではあまりないと思うので、”想像する”、”目を閉じて自分がどう進んでいくかを想像しよう”、”想像した自分に近づいていこう”という意味をもつ「フリーズ」を通して、想像する力の強さが恐竜とともに伝わったらいいなと。子供から大人までいろいろな想像をしてもらいたい」と楽曲を通して、ティラノサウルス展の魅力をコメント。最後に、「大人から子供まで恐竜の未知な部分に色々な想像を膨らませたり、胸を膨らませながらワクワクできる、そんな瞬間をお届けできればと思います。ぜひ、皆さん楽しんでください!」とメッセージを寄せてくれました。

『ティラノサウルス展 〜T.rex 驚異の肉食恐竜〜』は9月5日(日)まで大阪南港ATCホールで開催。
5体のティラノサウルス全身復元骨格の展示を通して、年齢や性別、生態、様々な能力まで、進化のながれとともにあらゆる角度からティラノサウルスを解説するほか、大迫力のティラノサウルスとトリケラトプスのロボット展示や、クリエイティブカンパニー「NAKED, INC.」による「恐竜」をテーマとした初の大型コンテンツなど、見どころ満載!楽しみながら学べる展覧会で、山村隆太による音声ガイドを通して、恐竜の魅力をぜひ体感してください!

【イベント情報】
ティラノサウルス展 〜Trex 驚異の肉食恐竜〜
■会場:大阪南港ATCホール 〒559−0034 大阪市住之江区南港北2−1−10
■会期:2021年7月17日(土)〜9月5日(日)
■休館日:なし
■開館時間:9:30〜16:30(最終入場は16:00まで)
■音声ガイド:flumpool山村隆太
■お問合せ:ティラノサウルス展事務局 TEL:06-6615-5556

ティラノサウルス展公式サイトはこちら https://www.ktv.jp/event/t-rex2021/
山村隆太さんのインタビュー動画はこちら https://youtu.be/CC3gWhalpz8