フジテレビ系では10月より、江口のりこ主演、ベンチャー企業の破天荒な女性社長を主人公に描くドラマ・木曜劇場『SUPER RICH』を放送する。幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマン・氷河衛(ひょうが・まもる)の、ジェットコースターのような波瀾(はらん)万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描き出す。

衛を取り巻く個性的な登場人物を誰が演じるのか、豪華俳優陣の競演も楽しみな今作。衛と共に激流に巻き込まれていく主要メンバーの配役を発表中!既報の志田未来、矢本悠馬、美保純、茅島みずきに続き発表するのは、共に子役として幼少期から活躍し、11年ぶりの木曜劇場出演となる菅野莉央と、今作が木曜劇場初出演となる嘉島陸!菅野は衛の会社「スリースターブックス」創業当時からのメンバーで、センスと知性を兼ね備えたマーケティング担当・鮫島彩(さめじま・あや)を、嘉島は会社オリジナルの電子書籍を生み出す編集部で働く鬼頭流星(きとう・りゅうせい)を演じる。

センスと知性を兼ね備えたマーケティング責任者・鮫島彩

菅野演じる鮫島は「スリースターブックス」のマーケティング最高責任者。持ち前のセンスと鋭い分析力で世の中の動向や流行を敏感にキャッチする優秀なマーケターだ。衛を心底慕い、会社や同僚のことも大好きなため、のびのびと自身の能力を遺憾なく発揮している。衛は鮫島のマーケティングセンスや仕事のスキルを高く買っており、また、コミュニケーション能力にもたけているため、いざというときに意見を求めたくなる存在でもある。「スリースターブックス」にとってなくてはならない若い才能を持つ鮫島を演じるにあたり、菅野は「表面的な性格は違うけれど、自分の価値観で物事を選択して生きていくところ、自由と責任を大切にしているところなど、ベースの部分で似ているところがあったので、それを軸に、その場その場で感じたことを大切に演じたいと思います」とコメントを寄せる。

多忙を極める編集部で働く最年少社員・鬼頭流星

一方、嘉島演じる鬼頭は、多忙を極める編集部で働く若手社員。沖縄出身で、アロハシャツスタイルがトレードマーク。社長の衛が、編集部に時折現れるたびに緊張しているが、一方で編集長の碇健二(いかり・けんじ)が衛に物おじせず、好き勝手に意見を言えていることを不思議に感じている。「スリースターブックス」のオリジナル作品でヒットを出すために日々懸命に働く。嘉島は「流星は社員としては最年少なので、可愛い後輩感で皆に愛されるキャラクターにしていきたいです。また、彼は僕と同じ沖縄県出身という設定なので、劇中には沖縄なまりも出ます。そこもぜひ見ていただきたいですし、多くの皆さんに『SUPER RICH』の世界を楽しんでいただけたら嬉(うれ)しいです」と意気込む。

【プロフィール】

◆菅野莉央

2歳から子役として活動を開始し、2002年に映画『仄暗い水の底から』で映画初出演。その後も映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003年)をはじめ話題の映画、ドラマに多数出演。今年に入ってからは『監察医 朝顔(第2シーズン)』(フジテレビ系)、『ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子』(テレビ東京系)、『ライオンのおやつ』(NHK BSプレミアム)、映画『地獄の花園』に出演、さらに9月18日(土)配信開始のFODオリジナルドラマ『エロい彼氏が私を魅わす』への出演を控えるなど、めざましい活躍を続ける。今回、木曜劇場には『医龍-Team Medical Dragon-3』(2010年)以来、実に11年ぶりの出演となる。

◆嘉島陸

2005年に子役デビューし、『流星の絆』(2008年、TBS系)、『アイシテル〜海容〜』(2009年、日本テレビ系)、大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(2011年、NHK)など話題作に出演。小学校卒業を機に芸能界を離れ、故郷の沖縄県へ戻り進学、大学では教員免許も取得した。2018年に『花のち晴れ〜花男Next Season〜』(TBS系)で俳優活動を再開。以降、『教場』シリーズ(2020、2021年、フジテレビ系)、連続ドラマW 『セイレーンの懺悔』(2021年、WOWOW)、木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長 season5』(2021年、テレビ朝日系)などに出演。木曜劇場は今作が初出演。

【コメント】

◆菅野莉央

「素晴らしいチームの皆さまに加えていただくこと、魅力的な役を任せていただいたこと、身に余る機会をいただいたと思いました。同時に、ご一緒したことのあるキャスト、スタッフの方々もいらっしゃって、心強いです。台本を読み、1話から衛さんというキャラクターと、どんどん展開してゆくスピード感に惹(ひ)かれ、どうなっていくんだろう?と先が気になりワクワクしました。オリジナル作品ということで、毎話新しい台本をいただくのが楽しみです。

今回演じる鮫島とは、表面的な性格は違うけれど、自分の価値観で物事を選択して生きていくところ、自由と責任を大切にしているところなど、ベースの部分で似ているところがあったので、それを軸に、その場その場で感じたことを大切に演じたいと思います。社員、インターン生の人間模様も含めて、スリースターブックスがどうなってゆくのか、見届けていただけたら嬉しいです!」

◆嘉島陸

「出演が決まったときは素直に嬉しかったです。不安や緊張もありますが、役に真摯(しんし)に取り組み、自分自身の糧にしたいと思っています。オリジナル作品なので先のストーリー展開が見えなくて、“これからどうなっていくんだろう?”と、ワクワク楽しみながら台本を読んでいます。“スリースターブックスのオフィスはどんな感じなんだろう?”と想像が止まりませんでした。

編集部でのシーンはクスッと笑える楽しい雰囲気もあり、監督から“明るく元気な感じで”と言われているので、そこは心がけています。流星は社員としては最年少なので、可愛い後輩感で皆に愛されるキャラクターにしていきたいです。

また、彼は僕と同じ沖縄県出身という設定なので、劇中には沖縄なまりも出ます。そこもぜひ見ていただきたいですし、多くの皆さんに『SUPER RICH』の世界を楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします」

◆プロデュース 金城綾香(フジテレビ第一制作部)

「菅野さんとは、幾つかのお仕事でご一緒させていただきましたが、短いシーンにも一球入魂で、台本に書かれていない以上の意味を見出してくださる方です。私の中での鮫島は、すごく軽い雰囲気を出していますが、とてもクレバーな女の子です。衛とは年齢が離れていますが、東海林達也(矢本悠馬)と同じように、活発に発言します。菅野さんが初日、演じてくださったときに、“イメージ通り!”とガッツポーズしました。嘉島さんに演じていただく流星役は、オーディションで決めさせていただきました。オーディションの中で、標準語圏内のご出身ではない方を探していました。嘉島さんに、オーディション中に即興で、地元のイントネーションで演じていただいたとき、“流星くんは嘉島さんだ!”と思いました。江口さんに演じていただく衛も関西から東京に出てきて働いています。いろんなバックボーンのある方が、ひとつのところで力を合わせて働く素晴らしさを描ければと思っています」

【番組概要】

<タイトル>木曜劇場『SUPER RICH』

<放送日時>10月スタート 毎週(木) 午後10時〜10時54分

<出演>江口のりこ、赤楚衛二、町田啓太、志田未来、矢本悠馬、美保 純、茅島みずき、菅野莉央、嘉島 陸 他 ※発表順

<スタッフ>

脚本:溝井英一デービス(『監察医 朝顔』脚本協力、『癒されたい男』 他)

プロデュース:金城綾香(『監察医 朝顔』シリーズ、『グッド・ドクター』『営業部長 吉良奈津子』『5→9〜私に恋したお坊さん〜』 他)

栗原彩乃(『監察医 朝顔』スピンオフ 他)

演出:三橋利行(『監察医 朝顔』第2シーズン、『トレース〜科捜研の男〜』『コンフィデンスマンJP』 他)

平野 眞(『監察医 朝顔』シリーズ、『ショムニ』シリーズ、『HERO』シリーズ 他)

相沢秀幸(『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』『トレース〜科捜研の男〜』 他)

阿部雅和(『監察医 朝顔』シリーズ、『婚活刑事』 他)

制作・著作:フジテレビ 第一制作部

<オフィシャルサイト>https://www.fujitv.co.jp/SUPERRICH

<公式Twitter>https://twitter.com/super_rich_cx

<公式Instagram>https://www.instagram.com/super_rich_cx/